プロジェクト コミュニケーション略してプロコミとは??

    プロジェクト内で行われるコミュニケーションを意味しています。

    プロジェクトを成功に導く必須要素です!!

    SEかつITCの筆者がシステム開発プロジェクトを通して感じたプロコミ
    について考えます。


2006年02月06日

#19 チャンネルの軽減

---------------------------------------------------------------------
◆ チャンネル数の軽減(単純化)
----------------------------------------------------------------------
●まず、チャンネル数の複雑化によるデメリット

プロジェクトのステークホルダが増加すると、チャンネル数も増加します。

*詳細は前号を参照して下さい。
 http://procomi.seesaa.net/article/12579303.html


つまり、ステークホルダの増加はコミュニケーションパスの増加を意味します。


何が起こるのでしょう???


1.コミュニケーションパスの物理的増加



2.コミュニケーションロス・ミスの増加

・ロス:情報が欠落する
・ミス:誤った情報が伝えられる



3.コミュニケーションの質/効率低下



4.コミュニケーションコストの増加


これではプロコミのゴールは達成できません。


続き・・・
posted by mori at 23:59| Comment(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。