プロジェクト コミュニケーション略してプロコミとは??

    プロジェクト内で行われるコミュニケーションを意味しています。

    プロジェクトを成功に導く必須要素です!!

    SEかつITCの筆者がシステム開発プロジェクトを通して感じたプロコミ
    について考えます。


2006年03月06日

#22 プロコミのQCT

---------------------------------------------------------------------
◆ プロコミのQCT
----------------------------------------------------------------------

●プロコミのQCTとは?

【Q】:Quality →品質
【C】:Cost   →コスト
【T】:Time →タイム(スケジュール)


製造業ではQCD管理(Quality:品質、Cost:価格、Delivery:納期)
が有名ですが、納期だとエンドだけ重要なイメージが強いので
プロコミではあえてタイム(T)にしました。


●なぜQCTか?

プロジェクトとは特定に期間(有期性)に独自のアウトプット(独自性)を創り
出す活動です。


【参考】#1 http://procomi.seesaa.net/article/11463035.html


プロジェクトのゴールはアウトプットを期間内・予算内・高品質で作り出
す事と言い換えられます。


プロジェクトマネジメントは上記ゴールを達成するためにプロジェクトを
マネジメントする活動です。


プロコミでは、
コミュニケーションをプロジェクトのゴールを達成するためのクリティカル
な要素(プロコミ!!)と位置づけています。

ですから、プロジェクト同様にマネジメントが必要(必須)となります。


今回はマネジメントのベーシックな3要素Q・C・Tにフォーカスします。



●補足(PMBOK)

プロジェクト管理に関する国際標準であるPMBOKでは
プロジェクトマネジメントについて9つの知識エリアと5つのプロセスという
概念を提唱しています。(あくまで概念です)

----------------------------------------
●9つの知識エリア
【1】総合
【2】スコープ
*【3】タイム
*【4】コスト
*【5】品質
【6】人的資源
【7】コミュニケーション
【8】リスク
【9】調達
----------------------------------------
●5つのプロセス
【1】立上げ
【2】計画
【3】実行
【4】管理
【5】終結
----------------------------------------

PMBOKの知識エリアではQCT+α(6)を提唱しています。
posted by mori at 23:00| Comment(0) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。