2006年02月01日

#18 コミュニケーションチャンネル

---------------------------------------------------------------------
◆ チャンネル
----------------------------------------------------------------------
●コミュニケーションチャンネルの定義

まずは言葉の意味から考えます。
gooで『チャンネル』を調べてみました。場所の都合上(7)だけ抜粋。


(引用開始)------------------------------------------------------------

(7)情報を得たり、意思を伝達したりする道筋。つて。

(引用終了)------------------------------------------------------------


プロコミではコミュニケーションチャンネルを
『プロジェクトで行われるコミュニケーションの経路数』
と定義します。


●コミュニケーションチャンネルの公式

コミュニケーションチャネルは以下の公式で算出する事が出来ます。


コミュニケーションチャネル数 = N(N-1)/2

例)N=3 チャンネル数は3
N=5 チャンネル数は10 (図1を参照)

ご存知でしたか??

Nはプロジェクト要員数です。


●コミュニケーションの複雑化

上記式で分かるとおりプロジェクト要員が増えればチャンネルが増加し、
コミュニケーションが複雑化されます。(図2を参照)


要員が5名から10名に増えると、要員は2倍ですがチャンネルは4.5倍に増えます。


20人のプロジェクトでは な・ん・と "190"です!!

考えるだけで恐ろしいですね(笑)


このように、
要員が多いプロジェクトほどコミュニケーションはより複雑化します。

コミュニケーションの複雑化は問題です。




何でしょうか???




それは・・・

1.コストの増加
2.質の低下
3.効率の低下

が起こるからです!!

本日はここまでです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。