プロジェクト コミュニケーション略してプロコミとは??

    プロジェクト内で行われるコミュニケーションを意味しています。

    プロジェクトを成功に導く必須要素です!!

    SEかつITCの筆者がシステム開発プロジェクトを通して感じたプロコミ
    について考えます。


2006年04月03日

#24 プロコミの品質と等級

----------------------------------------------------------------------
◆ プロコミの品質と等級
----------------------------------------------------------------------
●品質の復習

プロコミ(プロジェクトコミュニケーション)での品質は下記でした。


プロコミの3つのゴール(認知・判断・行動)を達成すること、
達成率を向上させることです。


つまり、ゴール(要求)への適合度と言い換えられます。


●等級とは

PMBOKでは等級(Grade)を以下に定義しています。

(抜粋)-----------------------------------------------------------------

機能的用途は同じだが品質に対する要求事項が異なるものを識別する際に使う、
区分または順位。

-----------------------------------------------------------------------

あくまで要求事項を区別するものです。


例えば・・・


パソコン(PC)を選ぶときは『用途』に応じて『等級』を選んでませんか!?!


PCはCPUやメモリなどの機能・スペックの違いにより

等級 ↑ ハイエンド
− ミドルレンジ
↓ エントリー(ローエンド)

などに分類されます。

『等級』は『品質』ではありませんので、

・ハイエンドモデル・・・・壊れにくい
・エントリーモデル・・・・壊れやすい

とは定義されません。

壊れやすい・壊れにくいは『品質』です。


ゴールを達成するために、適切な『等級』を見極める必要があります。
要求される『等級』より高くても低くても良くありません。
(これって結構難しいですが・・・)


[等級が低すぎる場合]

要求事項を満たしてないため、プロコミのゴールを達成出来ません。


[等級が高すぎる場合]

等級が高い分無駄が生じます。
特に時間があると等級を勝手に高くする傾向があると思います。

これは、金メッキ(Gold Plating)と呼ばれます。

効率・コスト面から考えると良い事ではありませんね。


必ずしも
『等級』が低い事は問題ではありませんが、『品質』が低い事は問題です。


『低品質』では
プロコミのゴールが達成できませんから手直し作業(Rework)が発生します。


これは効率悪化・コスト増につながりますね。


コミュニケーションの発信者は受信者が要求する『品質』と『等級』を考慮し
て下さいね。
posted by mori at 23:35| Comment(21) | メルマガバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。